WordPressのSEO対策でやるべきこと全部やってみた

先日仕事仲間から「月間5000PVくらい狙いましょう」と言われたので、いろいろやってみることにしました。

「WordPress SEO」で検索していくつか見た中から、以下のサイトの21項目をさらって、未実施の部分を対策してみました。

他にもいろいろやってみたので実施内容を晒します。

モバイルフレンドリーにする

スマホやタブレットからのアクセスにおいて見た目が崩れたりしてないかのチェックです。

こちらのサイトでチェックしたところ「このページはモバイルフレンドリーではありません」と出ました。

「クリック可能な要素同士が近すぎます」「コンテンツの幅が画面の幅を超えています」の2項目がエラーでした。

Googleが無料で提供するモバイルフレンドリーテスト。まだほとんどカスタマイズをしていないブログなのに不合格って…。原因は自分で描いたロゴ画像だったのですが、WordPress超初心者の自分には頭が真っ白になる出来事でした。

こちらのサイトで対策されていたように、ロゴ画像にAlt(代替テキスト)を入力することで回避できました。

「このページはモバイル フレンドリーです」と表示されたので一安心です。

コンテンツの更新頻度アップ

今年に入ってから5記事上げてます。

あけましておめでとうございます。 2018年は個人的に大きな変化の年でした。 【6月】フリーランスになった 10年勤めた会社を4月末に退職し...
Twitter大好きな高橋です。 育休男子.jpとしてもTwitterやっていて、おかげさまで2000を越えるフォローをいただいております...
こちらの動画が「育休が暇みたいに伝わるからやめてくれー」とプチ炎上しています。 言いたいことをほとんどBUZZFEEDさんが言ってくれ...
庄司さんがご自身が子育てに関わる中で感じた葛藤や嬉しかったことなどを、実体験に基づいて話されているインタビューが物議を醸しています。 ...
宮腰少子化担当大臣が子連れ出勤可な会社を視察して「この取り組みをモデルとして全国に広めていければと思う」と発言したことが報じられました。 ...

中身の品質にこだわっていたのですが、更新頻度が下がってしまっていたので、出退勤時の電車の中でスマホで更新し、ちょっとPCで整える程度でアップするようにしています。

品質やロングテール(文章の長さ)とトレードオフになりますが、そこはしゃーなしということで。

画像にAlt(代替テキスト)を入れる

これがSEO的に大事なの知らなかったので、せっせと入れました。

ちなみに「Alt=Alternative=オルタナティブ」なので、読みは「アルト」じゃなくて「オルト」ですね。

合唱を嗜んでいた身としては「アルト」と読みたくなりますが(超余談)。

リンク切れのチェック

Broken Link Checkerプラグインは自分のブログから外部のサイトへのリンクを貼った中でリンク切れがあるかどうかチェックしてくれるプラグインです。リンクの記載ミスだけでなくいつの間にかリンク先が閉鎖された場合などリンク切れは常に起こる可能性があります。このプラグインを導入することで発リンクのリンク切れを一括...

「Broken Link Checker」というプラグインを入れてチェックしてみたら出るわ出るわ。

リンク削除したり、別のリンクに切り替えたりしました。

リンクカードの設定

今までテキストにリンクを付与していたのですが、この記事のように表示させたいと思い調べてみました。

リンクをカード形式で表示させるWordPressプラグイン「Pz-LinkCard」を公式プラグインディレクトリで公開しています。当ページは「Pz-LinkCard」の説明書のようなもので、プラグインのバージョンアップとともに更新しています

こちらのサイトを参考に「Pz-LinkCard」というプラグインを入れて試してみたのですが、テーマとの相性なのかうまく反映されないことがありました。

そこで利用しているテーマ「Simplicity2」標準のもので設定しました。

Simplicity2.1.9から、Simplicity独自の外部リンクブログカード機能を追加しました。 以下のような外部リンクのブログカードを手軽に作成できるようになりました。 以下では、外部ブログカード機能設定の説明をしたいと思いま

サイトの表示速度改善

WordPress の数少ない欠点の一つは、サイトの表示速度が遅くなりがちになってしまうということだ。そして、サイトの表示速度はユーザビリティだけでなく、SEOにとっても重要だ。そこで、このページでは、WordPressの初心者でも簡単にできることだけで、表示速度を大きく高める方法をご紹介する。

こちらのサイトを参考にいくつか設定しました。

画像サイズの圧縮

「EWWW Image Optimizer」というプラグインは導入済みだったのですが、いつからから「PHPのバージョン古いので対応できんぞ」とメッセージが出ていました。

エックスサーバーを利用しているのですが、そちらからPHPのバージョン更新ができたので実施しました。

EWWW Image Optimizerを更新して3.0.0にアップデートすると、一部のブログでエラーがおきてしまいます。サーバーのPHPバージョンを確認し、5.5もしくは5.6に変更すれば直ります。

設定については以下のサイトを参考にしました。

画像最適化プラグイン『EWWW Image Optimizer』の設定方法と使い方を解説。初心者でもかんたんにできる、WordPressの表示速度を改善する方法です。

画像の読み込みを後回しにする

上述のサイトにある「Lazy Load」というプラグインを入れました。

キャッシュを利用できるようにする

WordPressを高速化するのに欠かせないプラグインの W3 Total Cacheの設定方法と削除時に気を付けなければならない事を解説します。 W3 Total Cacheは安易に削除すると管理画面が真っ白になる等の不具合が起こります。これを避けるためにアンインストール前に設定が必要になります。
パソコンとモバイルを分けてキャッシュを作成してくれるW3 Total Cacheプラグインの設定方法です。Wordpress環境でサーバーの応答時間がかなり早くなるのでページ表示が高速化が図れます。

これらのサイトを参考に「W3 Total Cache」というプラグインを入れて設定しました。

Simplicityの場合はfunction.phpに追記が必要なので要注意です。

最近WordPressで立ち上げたブログの表示速度がやけに遅く感じてくるようになりました。 気のせいかとは思うのですが、あまりにも表示が遅いとただでさえ人が来ないブログに大打撃を与えてしまいます。 これは改善せねばと思いましていろいろ調べましたところ、gtmetrixというサイトを発見しました。 このサイトはURLを入...

また、こちらのサイトを参考に「.Htaccess」に記述を増やしました。

まだまだ対策不十分(Page speed Insightスコア23、GT MetrixスコアC(79%)/D(60%)なので、また時間見つけて追加対策してみます。

スマホからのアクセスで表示崩れが発生

途中ふとスマホからアクセスしてみたところ、ロゴ画像がビヨンと縦に伸びてしまっていました。

モバイルサイトの表示崩れ

↑こんな感じ。

プラグイン入れたり設定変えたりした後は、サイトが表示できるか、レイアウトが崩れていないかチェックしていたのですが、スマホからのチェックを怠りました・・・。

入れたプラグインを無効化したりしてみたのですが状況変わらず、原因も掴めなかったので、詳しい友人に泣きついて助けてもらいました。

追加CSSで以下を追記したところ修正されたのですが、原因は未だに謎です。

#site-title img {
height : auto;
}

以前も「Autoptimize」というプラグインを更新したら、サイトへのアクセス自体できなくなってて、それに気付かず3日くらい放置してしまったことがあったので要注意ですな。

引き続き見やすくてアクセスしやすいサイト構築をちょこちょこ頑張ってみます。