子どもから「面白い遊びを考えて」とクリエイティビティを求められた話

「子育ては世話が八割、遊びが二割」なんて言いますが、今回は二割の方で高いクリエイティビティを求められた話です。

「面白い遊び考えて」というムチャぶり

普段は相撲取ったりボールで遊んだり本を読んだりしてます。

昨日も「お風呂入るよー」と言ったら「遊びたい」と言うので「ちょっと遊んだら入ろうか」と寝室に行きました。

すると「面白い遊びしたいからオヤジ考えて!○○くんも考えるから!」と突如高いクリエイティビティを求められたので笑っちゃいました。

頭をひねって考えてやってみた遊びを紹介します。

どっちが早く寝たフリできるか対決

座った状態から「よーいドン」で寝転んで目を閉じるまでの早さを競うゲームです。

ドラえもんでのび太が「もしもボックス」を使って「もしもたくさん寝る人が偉い世の中だったら」と願う回から着想しました。

審判がいないので「俺の勝ち!」「いやーオヤジの方が早かったでしょー」とワイワイ遊びました。

派生系で「どっちがゆっくり寝たフリできるか対決」もやりました。

NHKで昔やっていた「満点体操」

昔NHKで見た「満点体操」を思い出してやってみました。

左右の手をグーにして体の前に出し、右手の親指と左手の小指を立てて、次に左右を逆にして指を立てるという手遊びです。

いきなりは難しそうだったので片手ずつやり方を教えてあげて両手でやってみるようにしました。

調べたら「満点体操」は1988年~1994年に放送していた「クイズ百点満点」という番組内の一コーナーでした。

懐かしい。

果物の名前古今東西

「果物の名前の言い合いっこしようか」と提案してみたところ、手を二回叩いて「バナナ」と始めたので、保育園で古今東西的な遊びをやっているようです。

やってたら「あ!仮面ライダーでやろうか!」と言ってきたので「歴代仮面ライダー名古今東西」に変わりました。

「(パンパン)ディエンド」「(パンパン)カリス」とかサブライダーの名前もバンバン出してくるのでまったく敵わなかったです、三歳児強し。

その後は予想通り「ウルトラマン古今東西」になりました。

仮面ライダーもウルトラマンも、リアルタイムだけでなくAmazonプライムで過去の作品をめっちゃ見てるのと、それぞれ図鑑を持ってるので息子はどんどん詳しくなります。

文字はまだほとんど読めないので、耳から覚えてるんですよね、すごい記憶力。

我が家にある図鑑はこちら。

子育ては楽しい

子どもってすごいですね、一緒にいるとたくさん発見や驚きがあって楽しいです。

冒頭に書いた通り子育ては「世話が八割」ですし、大変なことやルーチンワークもたくさんあります。

でも楽しいこともたくさんありますよ、というお話でした。

ちなみに「世話八割、遊び二割と言われている」と書きましたが、言ったのは私です(笑)

親も遊びにクリエイティビティを求められるので頭も体も使いますね~頑張ろう。